/

この記事は会員限定です

アリババに迫る国家包囲網 党や政府が企業を支配下に

一目均衡 上海支局 張勇祥

[有料会員限定]

「ネット企業は政府の励ましと政策の恩恵を受けてきた」。11月23日、浙江省烏鎮での講演。中国のアリババ集団で創業者・馬雲(ジャック・マー)氏の後を継いだ張勇(ダニエル・チャン)会長は、政府に対する「謝意」を切々と述べた。

マー氏が金融規制を批判して習近平(シー・ジンピン)国家主席の怒りを買ったとされ、傘下のアント・グループが上場延期に追い込まれたのは11月初め。チャン氏が恐れるのは、この騒動を機に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

張 勇祥

カバージャンル

  • 中国証券金融
  • 雇用・賃金

経歴

現職は上海支局長。人民元相場や企業業績、資金調達の動向などを担当しています。有識者の発言に頼りすぎず、できるだけデータを眺め、現地に足を運んで判断するよう心がけています。雲南省のビットコインの「採掘」現場、内モンゴルの地下鉄開発跡地など、地方経済や雇用にも興味があります。

分担執筆に「最新 中国金融・資本市場」(2013年、金融財政事情研究会)

活動実績

2019年11~12月 浙江工商大学で「日本語の作文術」をテーマに講義

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン