/

この記事は会員限定です

ベラルーシ初の原発21年稼働、住民らによぎる「悪夢」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ベラルーシ北西部で同国初の原子力発電所「ベラルーシ原発」の稼働準備が進んでいる。ロシア国営原子力企業ロスアトム傘下の企業が建設し、原子炉への核燃料の搬入や試験送電が始まった。2022年までに2基で商業運転の開始を計画する。ベラルーシはソ連時代にチェルノブイリ原発事故で被害を受けた。隣国のリトアニアなどは稼働に反対し、ベラルーシ原発からの電力輸入を拒否する方針を示している。

首都ミンスクの北西約13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1675文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン