/

日本人宿泊者、10月17.2%減 Go To で持ち直し

観光庁が30日発表した宿泊旅行統計によると、10月の日本人宿泊者数は前年同月比17.2%減の延べ3296万人だった。36.2%減だった9月より減少幅は縮んだ。10月から政府の観光支援策「Go To トラベル」の対象に東京都が加わり、一定の底上げ効果があったとみられる。

日本人宿泊者数は5月に82%減で底を打ち、その後は持ち直しつつある。10月の宿泊者数は、新型コロナウイルスの影響が本格的に広がる前の2月の宿泊者数(延べ3259万人)を超えた。

外国人宿泊者数は97.3%減の28万人だった。日本政府観光局(JNTO)によると、訪日外国人客数は3月以降8カ月連続で減少幅が9割減の水準に達した。

新型コロナの感染拡大が再び勢いを増しており、政府は11月24日から3週間、札幌市と大阪市に向かう旅行をトラベル事業の割引対象から外すと決めた。改善傾向にあった宿泊者数が再び悪化する恐れもある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン