/

この記事は会員限定です

SNS規制めぐる議論、各国の状況は

[有料会員限定]

米大統領選を巡り、SNS(交流サイト)運営企業の投稿規制が議論された。投稿内容に手を入れたり、放置したりしても事業者の法的責任を問われない「通信品位法230条」は、トランプ大統領だけではなく、今回の選挙で当選を確実にしたバイデン氏も逆の立場から撤廃を求めている。SNSにおける表現の自由を確保する法律が揺れるなか、各国のネット事業者を取り巻く規制はどうなっているのか。米国、欧州、日本の状況についてQ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2290文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン