/

豪首相、中国外務省報道官の投稿画像に抗議

【シドニー=松本史、北京=羽田野主】オーストラリアのモリソン首相は30日、中国外務省報道官が、豪軍兵士が子どもにナイフを突き付けているように見える画像をツイッターに投稿したとして、「不快な侮辱だ」と抗議、中国政府に削除と謝罪を求めた。関係が悪化する豪中間の緊張がさらに高まる可能性がある。

ツイッターに画像を投稿したのは、中国外務省の趙立堅副報道局長。豪軍兵士が豪州の国旗とみられる布の一部を子供の頭部にかぶせ、喉にナイフを突き付けている構図だ。画像には英語で「怖がらないで、我々は平和をもたらすために来た」との文言も記された。

モリソン首相は投稿を受けて記者会見を行い、画像は偽造されたものだと指摘した。そのうえで「非常に攻撃的だ。中国政府はこの投稿を恥じるべきだ」と批判、即時の削除を求めた。米ツイッターにも削除を求めたと明らかにした。

一方、中国外務省の華春瑩報道局長は30日の記者会見で「豪州の一部軍人によるアフガニスタンにおけるひどい犯罪行為は豪メディアが自ら報じたものだ」と指摘した。「豪政府がやることは深く反省すべきことだ」と話した。趙氏はモリソン氏の会見後、画像を含めた投稿をツイッターのタイムライン上で上部に表示される「固定されたツイート」にした。

豪国防軍司令官は11月19日、アフガンに駐留した兵士らが39人の非戦闘員を違法に殺害したとの内部調査結果を発表していた。趙氏は画像と共に「豪軍兵士によるアフガン市民や捕虜の殺害に衝撃を受けている。我々はこうした行動を強く非難し、責任を負うよう求める」と投稿した。

今年に入り、豪中関係は悪化を続けている。モリソン氏が4月、新型コロナウイルスの発生源などを巡り独立した調査を求めたことに中国は反発した。5月以降、一部の豪産食肉の輸入を停止し、大麦に80%超の追加関税を課した。11月27日には豪産ワインに対して反ダンピング(不当廉売)の対抗措置を取ると発表していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン