/

この記事は会員限定です

データの力で糸島創生 MBA市役所マンの岡さん

興すパーソン

[有料会員限定]

「ふるさと納税、昨年度の倍は行きそうですね」。こう語るのは、福岡県糸島市経営戦略課の岡祐輔主任主査だ。過去2年の寄付者に返礼品カタログを兼ねた糸島紹介のおしゃれな冊子を送るなどの施策で、10億円の大台が見えてきた。

今年4月から、ふるさと納税を担当している。実績データを分析し、新規の寄付者開拓より、何万人もいる寄付経験者に再び寄付してもらう方が効果的だと見抜いた。

慣例や勘頼みではなく、データなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン