/

「エール」20.1% 関東の期間平均視聴率

(更新)

28日に放送を終了したNHK連続テレビ小説「エール」(全120回)の期間平均視聴率は関東地区で20.1%、関西地区で18.1%だったことが30日、ビデオリサーチの調査で分かった。27日の最終回は関東が21.8%、関西が19.0%だった。

「エール」は「栄冠は君に輝く」などで知られる福島市出身の作曲家・古関裕而さんをモデルにした主人公の人生を描く物語で、主演の窪田正孝さん(32)とヒロインの二階堂ふみさん(26)が夫婦役を演じた。

舞台となった福島地区の期間平均視聴率は32.1%、最終回は35.4%だった。27日の放送では、出演者らが古関さんの名曲の数々を歌った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン