/

オンライン教材、活用すすむ 長期休校で学びに個人差

東京都が独自開発したオンライン教材を活用して進む英語の授業(19日、東京都荒川区)

新型コロナウイルスの感染拡大で長期休校を経験した学校が、オンラインで学習できる教材の活用を一段と進めている。東京都は独自に英語の授業動画を作成、民間サービスを利用する自治体もある。学び直しや学習進度に合った指導が可能なことに加え、教員による教材づくりの負担を減らす効果も期待される。

「What would you like? I'd like a sandwich」。外国人男性が音楽のリズムに合わせて発音すると、子供たちが動作や慣用句を繰り返し、楽しみながら英語を学ぶ。東京都荒川区の区立尾久第六小学校で11月、電子黒板を使って進められた5年生の授業。教員は「さっきの人の名前は何だったでしょう。家に帰り、もう一度確認してみてください」と児童に促した。

都は10月下旬、オンラインでの授業に使う英語教材をまとめたサイト「Tokyo Global Studio」を公開した。動画形式で構成され、1本当たりの時間は20~30分程度。いずれも学習指導要領を踏まえた内容で、会話の練習も盛り込んだ。2020年度中に、小中高生と教員向けに約100本の公開を計画している。

尾久第六小は授業に活用するほか、児童の自宅学習にも役立てる。「サイト上で子どもたちが予習できる」「外国人の教員がいない時でも生徒が刺激を受けて学べる動画。操作性も良く、繰り返し見られるのがいい」と教員らも歓迎する。

5月25日に全国で緊急事態宣言が解除され、多くの学校が再開されたが、長期休校に伴って生じる学習進度の個人差が懸念されている。都は学び直しが容易で個人のレベルに合った学習が可能なサイトの開発を進めてきた。

休校中、多くの学校現場でタブレット端末の配布が追いつかず、オンライン学習を小中で実施できた自治体は限られていた。これを受け、文部科学省は児童・生徒1人に1台の学習端末を整備する「GIGAスクール構想」について、端末配備のめどを24年3月末から21年3月末に前倒しした。

都教育庁の森晶子・国際教育事業担当課長は「オンラインでの指導に使う教材の準備や選定は教員にとって負担になる。都のお墨付きを得た教材があれば安心して使ってもらえると考えた」と話す。サイトで公開した教材は都外の自治体も利用できるという。

民間が提供するサービスを活用する自治体もある。愛知県は6月から、県立高校と特別支援学校の全180校がオンライン学習サービスを利用できるよう財政支援を始めた。県が21年3月までの利用料を支払い、生徒らは無料で使える。

当初、県はオンライン授業に使う教材づくりのマニュアルを作成していた。しかし、教員らから「一からのコンテンツづくりは難しい」「著作権上、どこまでの内容を使用してよいかの判断が難しい」といった意見が寄せられ、民間サービスの導入も始めた。

採用したのはリクルートマーケティングパートナーズの「スタディサプリ」で、国語、地理歴史、数学、英語など、予備校講師らが指導する授業動画4万本以上の視聴が可能だ。

県の担当者は「自分の学年以外の動画も見られるので、授業でつまずいても自宅で学び直すことができる。様々な進度の児童生徒が活用できる」と話す。利用数は徐々に増えており、生徒や保護者、教育現場からは使用期間の延長を望む声も上がっているという。

「第3波」とされる新型コロナの感染が拡大するなか、安全で安心な学習環境を望む関係者らの間で、オンライン教材への関心は一層高まりそうだ。(鬼頭めぐみ)

情報技術人材、確保急ぐ


 文部科学省の「GIGAスクール構想」を円滑に実施する上で、端末の活用方法について教育現場に助言するICT(情報通信技術)などの専門人材による支援が欠かせない。
 2017年に公表された文科省の計画は、日常的に教員をサポートする「ICT支援員」を4校に1人配置する目標を掲げている。国は学校の環境整備の初期対応を担う「GIGAスクールサポーター」などの専門人材や派遣する事業者をホームページで紹介して後押しする。
 自治体も準備を急いでおり、さいたま市は7月、兼業・副業限定で一般からIT分野の専門職を公募。授業や自宅学習で使えるコンテンツづくりや教職員に向けた研修など4分野で600人以上から応募があった。
 5人を採用し、会議への出席や学校関係者との意見交換など月4回程度の勤務を求める。市の担当者は「IT分野の知見が不足するなか、効果的な端末の活用法について助言してほしい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン