/

この記事は会員限定です

インドネシア、リゾートでG20案 コロナ後の観光振興

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアで大規模な国際会議を新興リゾート地で開催する案が浮上している。同国は2022年に20カ国・地域(G20)、23年には東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国を務める。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた観光産業をテコ入れし、本格的な経済再建につなげる狙いもありそうだ。

主要国が加わる多国間の枠組みでインドネシアが議長国となるのは13年のアジア太平洋経済協力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン