/

この記事は会員限定です

「原発導入、日本参画に期待」、ポーランド気候相

[有料会員限定]

ポーランドのクルティカ気候相は、同国初となる原子力発電施設の導入について「日本企業との新しい連携の可能性は大いにある」と述べた。ポーランドは電源構成の約8割を石炭に依存し、脱炭素の取り組みが急務となっている。再生エネルギーの柱の一つとして据える洋上風力発電でも日本との連携強化に意欲を示した。

日本経済新聞の取材にオンラインで応じた。欧米をはじめ世界的に脱炭素に向けた動きが広がるなか、欧州最大の石炭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン