/

バイデン氏、愛犬と遊んで足首捻挫 骨に小さなひび

(更新)

【ワシントン=中村亮】米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領が愛犬と遊んでいた際に足を滑らせて右足首を捻挫し、骨にひびが入っていたことが29日、分かった。政権移行チームが明らかにした。78歳のバイデン氏は史上最高齢で大統領に就任する見通しで、健康への不安が改めて広がりそうだ。

78歳のバイデン前米副大統領は史上最高齢で大統領に就任する見通しだ=AP

政権移行チームによると28日に足首を捻挫し、29日午後に地元デラウェア州で医師の診断を受けた。当初のレントゲン検査では骨折を確認できなかったが、コンピューター断層撮影装置(CT)による精密検査で骨に小さなひびが入っていたことが判明した。今後数週間は保護用のブーツを履く見通しだという。

トランプ大統領は29日、ツイッターに「お大事に!」と書き込んだ。トランプ氏は大統領選でバイデン氏に健康面で不安があると主張していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン