/

鹿児島市長に下鶴氏初当選 前副市長ら3新人破る

任期満了に伴う鹿児島市長選は29日投開票され、無所属新人の元鹿児島県議下鶴隆央氏(40)が、前副市長松永範芳氏(63)=社民推薦、元市議上門秀彦氏(66)=自民推薦=ら新人3人を破って初当選した。投票率は38.16%。自民は7月の県知事選に続き、県都の市長選でも敗れた。

4期16年務めた森博幸市長(71)が勇退を表明し、現市政への評価や新型コロナウイルス対策が争点だった。

下鶴氏は若さを武器に変革を訴え、「稼げる仕事づくり」を政策の柱に据えた。デジタル化推進も打ち出し、草の根での支持を広げた。

松永氏は長年の市政経験で培った即戦力を強調し、森氏の支援も受けたものの及ばなかった。上門氏は組織戦を展開したが、自民支持層を固めきれなかった。共産党の元市議桂田美智子氏(67)は広がりを欠いた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン