/

この記事は会員限定です

結婚容認は常識的判断 秋篠宮さま誕生日会見

[有料会員限定]

秋篠宮さまの長女、眞子さまは「生きていくために必要な選択」という言葉で結婚への強い意思を示されている。婚姻は両性の合意のみで成立するとしている日本国憲法24条に従い、眞子さまのお気持ちを尊重するという秋篠宮さまの判断は常識的なものだ。法治国家でそれ以外の選択を強いることはできない。

皇族の結婚は多くの国民に祝福されるのが望ましいのは当然だ。秋篠宮さまは、そのような状況ではないとの「主観」も述べられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン