/

この記事は会員限定です

緩和効果、コロナ禍が奪う 日米欧で自然利子率低下

エコノフォーカス

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる経済停滞のため、日米欧で金融政策の指標となる「自然利子率」が低下している。中央銀行はこれに合わせ、国・域内の金利水準をさらに引き下げないと、企業の投資抑制や物価の下落が一段と進みかねない。政策金利をさらに下げる余地は乏しく、各中銀は危機感を強めている。(古賀雄大)

「自然利子率が下がるなかでは、実質金利を引き下げなければ経済にデフレ圧力がかかりうる」。日銀の若田部昌澄副総裁は9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1294文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン