/

この記事は会員限定です

現役世代、年8万円に負担増 25年度の後期高齢者医療

[有料会員限定]

厚生労働省は75歳以上の後期高齢者の医療費を賄うために現役世代が拠出するお金が、2025年度に約8.2兆円に上るとの試算をまとめた。人口の多い「団塊の世代」が後期高齢者になっていくため、20年度の約6.8兆円から大幅に増える。現役世代1人あたりの負担は20年度の約6.3万円から25年度には約8万円へと重くなる。

政府は22年度から、75歳以上の医療費の窓口負担割合を、一定以上の所得があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン