/

仏警官映像規制に抗議デモ 全国で13万3千人参加

【パリ共同】フランスの議会で審議中の警官の映像拡散を規制する治安対策法案を巡り、表現の自由を抑圧するとして記者団体や人権団体が呼び掛けた抗議デモが28日、パリなどで行われた。新型コロナウイルス感染拡大で外出制限が続く中、内務省によると、全国で計約13万3千人が参加。デモを破壊活動の機会に悪用する集団と警官隊の衝突も起きた。

治安対策法案に抗議するデモ(28日、パリ)=ロイター

法案は、物理的、精神的に危害を加える目的で、職務中の警官の顔を写した映像を拡散した者に最高禁錮1年などを科すと規定。警官への暴行増加を受け、保護強化を図る目的だが、記者団体などは「撮影禁止につながる」と主張し、撤回を求めている。

またパリで警官3人が黒人男性に激しく暴行を加える映像をインターネットメディアが26日に報道。この日のデモには警官の暴力に抗議する市民も加わった。

フランスでは破壊活動を目的として若者や極左の集団がさまざまなデモを悪用する状況が通例化している。パリでは投石など警官への攻撃や放火を行い、警官隊は催涙ガスを使用した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン