/

この記事は会員限定です

有機ELテレビ2割安 今夏比、在宅生活で普及に弾み

[有料会員限定]

有機ELテレビの値下がりが加速している。家電量販店などの店頭価格は2020年夏に比べて2割ほど安い。メーカーの参入で価格競争が激しくなったほか、主要部品の有機ELパネルも下落している。新型コロナウイルス禍の年末年始の在宅生活を控え、販売に弾みがつきそうだ。

ビックカメラ有楽町店(東京・千代田)では売れ筋の55型(国内メーカー品、20年モデル)が25万~30万円程度で並ぶ。ソニーの「KJ-55A8H」は11月下旬で2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン