/

この記事は会員限定です

起業家精神、安全網で育む イアン・ゴールディン氏

コロナと資本主義 英オックスフォード大学教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行に伴う急速な景気悪化を受け、欧米を中心にベーシックインカム(最低所得保障)制度の導入論議が沸き起こっている。資本主義の枠組みの中で失業者らをどう救済すべきか。英オックスフォード大学教授のイアン・ゴールディン氏に聞いた。

――ベーシックインカムに賛同しますか。

「無条件にすべての人々に支給するしくみには反対だ。政府は強力なセーフティーネット(安全網)を持つべきだが、それを必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン