/

この記事は会員限定です

移民排斥は長続きしない パラグ・カンナ氏

コロナと資本主義 国際政治学者

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で世界の移民労働者の動きは止まった。国境を越える働き手は資本主義にどう貢献してきたのか。ポストコロナ時代に彼らの往来はどうなるのか。シンガポールを拠点とする国際政治学者パラグ・カンナ氏に聞いた。

――移民労働者は資本主義社会でどんな役割を担ってきたのでしょうか。

「戦後の欧米では移民が経済成長を支えた。旧植民地から来た労働者が欧州を再建し、巨大産業を前進させた。米国の発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン