/

この記事は会員限定です

マラドーナ氏にすがったアルゼンチン 「落日の大国」没落止まらず

(更新) [有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】南米アルゼンチンで26日、サッカー元同国代表のディエゴ・マラドーナさんの遺体が埋葬された。神にも例えられるスターの突然の訃報に国民は涙し、国中が悲嘆に暮れた。「落日の大国」の救世主として登場した名選手はアルゼンチン史に鮮烈な輝きをもたらし、混乱の中で逝った。

「アディオス(さよなら)、ディエゴ!」26日午後、マラドーナさんのひつぎが置かれたブエノスアイレスの大統領府には、最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン