/

ベラルーシ大統領、改憲後の辞任示唆 国営通信報道

【モスクワ=小川知世】ベラルーシ国営通信ベルタは27日、ルカシェンコ大統領が自らが提唱する憲法改正について「新しい憲法ができたら大統領としては働かない」と述べたと報じた。独裁的な同氏の辞任を訴える抗議が長期化するなか、膠着状態を打開するため、改憲後に辞任する意向を示唆したとみられる。

ルカシェンコ氏(中央)は視察先の病院で改憲を改めて訴えた(27日、ミンスク)=国営通信ベルタ・AP

抗議は8月の大統領選でルカシェンコ氏の6選が発表されてから始まった。同氏は選挙後に改憲を提案し、改憲後に権限を移譲する考えを示して国民の不満をかわそうとしてきた。反体制派は改憲が同氏に有利に進むのを警戒し、実質的な議論には至っていない。

ベルタによると、ルカシェンコ氏は27日に視察した病院で「国が後で崩壊しないために新憲法が必要だ」「憲法を自らの影響下に置くことはしない」などと主張した。

改憲はルカシェンコ氏の後ろ盾であるロシアも支持する。同氏が自身の進退にまで踏み込んで言及した背景には、早期の混乱収拾を求めるロシアの意向が働いた可能性もある。同氏は26日にロシアのラブロフ外相とミンスクで会談していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン