/

この記事は会員限定です

ワクチン相場の先に長期リスク

十字路

[有料会員限定]

英米製薬各社が新型コロナワクチンの治験結果を発表した。米2社が95%とする有効性は驚異的だ。ワクチンの持続期間、輸送および保管、途上国への供給など課題もあるが、集団免疫に至る可能性が高まった意味は大きい。

一般的な感染症数理モデルによれば、集団免疫を得るのに必要なワクチン接種者の全人口に対する割合は有効率の逆数に比例する。この割合は一次感染者が生み出す二次感染者数の平均値(基本再生産数)の推計次第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン