/

群馬県、コロナ警戒度「3」へ引き上げ

群馬県の山本一太知事は27日、新型コロナウイルスに対応するため県が独自に定めた警戒度を、「3」に1段階引き上げると発表した。重症化リスクが高い高齢者らには不要不急の外出自粛も要請した。県内での感染者の増加に加え、病床稼働率が上昇していることなどを踏まえた。28日から適用する。

警戒度引き上げを発表する山本一太知事(27日)

警戒度は4段階。「3」は上から2番目の水準となる。軽症者向け宿泊療養施設の増設や、保健所職員の増員も検討するとした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン