/

この記事は会員限定です

「対面」撤廃、まず医療・不動産 関連法案提出へ

[有料会員限定]

政府は規制改革の柱に掲げる「対面」撤廃で、医療や不動産取引の分野を先行して進める。2021年の通常国会へ関連法案を提出する。運送や介護に関わる規制は9月以降は規制改革推進会議(議長・小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)の作業部会で具体的な議論に至っていない。

菅義偉首相は9月の就任後、「押印」「書面」「対面」の撤廃を3本柱とする規制改革を打ち出した。

行政のデジタル化や新型コロナウイルスの感染対策につながる一連の改革を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン