/

この記事は会員限定です

救急患者たらい回し、ITで防げ 現役医師が起業で

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

千葉大学発スタートアップのSmart119(スマート119、千葉市)は救急搬送を迅速に仲介するシステムを手がける。代表の中田孝明は救急医療の現場に立ち続けてきた医師で、研究や指導に追われる大学教授だ。「誰かが解消してくれないか」。現場の不満や不安を解消すべく、スタートアップ経営者としても動き始めている。

救急車、病院、患者を結ぶ

「この研究はなんらかの形で実用化してください」。2018年、中田は研究費を受けていた国立研究開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2082文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン