/

この記事は会員限定です

レジ袋減っても… コロナ「新様式」でプラごみ増大

(更新) [有料会員限定]

プラスチック製レジ袋の有料化が全国で義務付けられ、5カ月になる。海洋汚染などが問題視されるプラごみは減ったのだろうか。レジ袋のプラごみ全体に占める割合はわずか。食品容器などの使用を抑えなければ削減は見込めないが、新型コロナウイルス下の生活がごみ増大に拍車をかけている。(藤井将太)

名古屋港(名古屋市)近くの工場や倉庫が立ち並ぶ一画に、次々と収集車が入っていく。荷台に満載のごみ袋は車から押し出され、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1529文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン