/

ピーチ、12月の国内線6路線を追加減便

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは27日、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえて、12月の国内線を追加減便すると発表した。12月4~25日の6路線162便を新たに対象とする。12月の運航は当初計画から18%少ない2903便となる。

大阪や札幌など新型コロナの感染が再拡大する地域を発着する便を中心に減便する。関西―札幌線を1日5往復から3~4往復に減らす。成田―宮崎線も1日1往復から週4往復にする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン