/

この記事は会員限定です

松山市の商店街、コロナで入れ替わり加速 業態変化

[有料会員限定]

松山市にある中四国有数の商店街で出退店の動きが加速している。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた飲食業やアパレルなどの小売業の閉店が増え、映画館も閉館を決めた。一方で「ドン・キホーテ松山大街道店」がオープンするなど新業態の店舗が進出。一時15%程度に達したとみられる空き店舗比率も少し戻ってきた。商店街の業種構成はコロナ下で変化している。

市中心部を南北に貫き全体で160店強が集積する大街道商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン