/

この記事は会員限定です

労組と自民党の必然

[有料会員限定]

トヨタ自動車グループの314組合が加盟する全トヨタ労働組合連合会が自民、公明両党と政策協議に乗り出すという。組合員35万7千人の巨大組織で、連合傘下の自動車総連の中核的な存在である。

神津里季生(りきお)連合会長は19日の記者会見で「違和感はないし、大騒ぎする話とは思っていない」とけむに巻いた。

連合も与党と政策協議を続けてきた。自民党には労組との交流窓口となる労政局もあり、党大会には1994年に誕生した「自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1243文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン