/

この記事は会員限定です

中国の「引力場」が飲み込む 米国の居ぬ間に陣地拡大

編集委員 滝田 洋一

[有料会員限定]

柔道でいえば、技ありである。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が20日、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を「積極的に考える」と表明した。

15日に東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が署名されたばかり。米国の政権移行の間隙を突いて、中国は大技をかけた。

トランプ政権がもくろんだ中国包囲網どころの話ではない。RCEPばかりでなく、TPPまで中国色に染め上げられるとなると、通商の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1939文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン