/

この記事は会員限定です

荘内銀 法人・個人一体営業へ 県外商業施設から撤退

[有料会員限定]

フィデアホールディングス(HD)傘下の荘内銀行(山形市)は法人と個人を一体にした営業体制をつくる。中小企業を担当する行員が経営者個人の資産運用などにも対応する。一方、個人向けは宮城県内の商業施設内店舗から撤退。他社との提携などで効率を高め、法人中心に収益を確保する。

荘内銀は個人向けの営業で強みがあったが、マイナス金利の影響で住宅ローンなどは軒並み採算が悪化しており、法人営業にシフトする。その際、中小企業の経営者は経営す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン