/

この記事は会員限定です

中国、知財保護アピール 賠償額上げ 特許法改正へ

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国は発明特許など知的財産権の保護を強化する。悪質な権利侵害に対して、日本や欧州にはない懲罰的な賠償制度を新たに設け、被害額の最大5倍の賠償を求められるようにする。知財保護が不十分との海外からの批判への対処姿勢を示し、国内のハイテク産業などの技術力向上を後押しする狙いもある。

中国共産党は2021~25年の第14次5カ年計画の草案で「科学技術を自力で高める」と打ち出した。知財保護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン