/

演劇・合唱は全国クラス 久留米大附設の名物部活

久留米大学附設中学校・高等学校(中)教育ジャーナリスト・おおたとしまさ

演劇部は現在人形劇に挑戦中
福岡県有数の進学校・久留米大学附設高等学校は学業だけでなく、部活動も重視している。演劇部と合唱部は全国大会に出場するレベルの高い部活動だ。生徒は時間の使い方を工夫するなど、学業との両立を目指している。教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が部活動に励む生徒の声を聞いた。

<<(上)共学でも「おとこくさい」 久留米大附設の自由と自治
(下)久留米大附設の「秀才」支える ゲーセンの人間教育 >>

部活というより劇団

久留米大附設(以下、附設)の演劇部は2014年の全国大会(全国高等学校総合文化祭)で最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞した。そのときの演題は「女子高生」。歴史ある女子校の、女子ばかりの演劇部に、1人の男の子が入部するというストーリーを、女子が男子に、男子が女子に扮(ふん)して演じた。もともと男子校だった附設は、05年にまず高校が共学化し、13年には中学も共学化したという背景がある。

脚本を書いたのは演劇部顧問の岡崎賢一郎さん。学生のころから演劇をやっていたが、演劇ではなかなか食っていけない。なんとか演劇をやり続ける方法として、高校教師として演劇部の顧問になることを思いついたという。附設の演劇部顧問に就任したのが約20年前。

「私が来たころは生徒中心に劇をつくっていたのでなかなか認めてもらえず、何年かもどかしい思いをしていました。次第に仲間に入れてもらえるようになって、いまは生徒たちといっしょに作品をつくっています。僕たちは、"部"というより"劇団"なので、このなかでは先生も生徒もタメ語です(笑)」(岡崎さん)

附設の多くの部は週3~4日の活動だが、演劇部の活動日はほぼ毎日の放課後。大会前になれば日曜日まで登校して稽古する。「日中、教室で授業をしている私は仮の姿です。放課後に演劇部にいる私が本当の私です」とうそぶくが、生徒たちからは「岡崎先生は授業も面白い」と評判だ。

「附設の生徒たちはセリフの覚えも速いし、段取りもいい。やっぱり優秀だなあと思います。彼らは社会のリーダーとして生きていくひとたちですから、広い視野をもってもらえるように、演劇の中にもいまの社会を考える視点を取り入れています」

冒頭の「女子高生」は、ジェンダー・ステレオタイプをテーマにした作品だ。附設で実際に起きたことを、男女反転して描くことで、自分たちが無意識にやっていた「女って……」「男だから……」というジェンダー・ステレオタイプの押しつけに目を向ける狙いがあった。

19年春の全国大会(春季全国高等学校演劇研究大会)では、「砂漠ガール」という作品を演じた。ヨルダンからの交換留学生を受け入れる女子高生たちの物語だ。劇中、日本人同士の会話はアラビア語で演じられる。観客には何を言っているのかわからない。日本語を理解できない留学生と同じ感覚を観客に味わわせるわけである。

コロナ禍中で挑む最新作には、ソーシャル・ディスタンスを逆手にとって、人形劇を取り入れた。まったく新しい取り組みだ。

中央が顧問の岡崎さん。部員は、左から衛藤舞さん、大中理紗子さん、小伊勢茉那さん、西村菜々さん、下野聖矢さん(全員高2)

「全員役者」かつ「全員裏方」

部員にも話を聞いた。

――なぜ演劇部に入ろうと思ったのですか?

生徒A 4月に行われる文化祭で演劇部の舞台を見て感激して、自分も入ろうと思いました。

生徒B 父が機械好きで、私も機械が好きで、演劇用の照明卓の操作に憧れて入部しました。

生徒C 小さいころからバレエをやっていたので、舞台に立つことは好きでした。受験のときに、附設の演劇部が強いことを母が教えてくれて、興味をもちました。

生徒D ももいろクローバーZが出演した「幕が上がる」という映画に附設の演劇部も登場していて、それがカッコいいと思って入りました。

生徒E 姉も附設の演劇部でした。中学まではサッカー部だったんですけど、高校生になったらなぜか僕も演劇をやりたくなって。

――附設の演劇部の自慢は?

生徒E 「全員役者」。つまり全員が舞台に立って役者をやることです。「全員役員」というのは附設の生徒会のキーワードでもあります。

生徒D 逆に全員が裏方もやります。

生徒B ひょっとしたら家族以上にいっしょにいる時間が長いので、アットホームな雰囲気なのが好きです。

――ライバル校は?

生徒E 地区大会、県大会、九州大会、そして全国大会と駒を進めていきます。九州は演劇が盛んでライバル校はたくさんありますが、県大会では南筑、九州大会では佐賀東、大分豊府、長崎県の創成館が特に強いですね。全国では青森中央が有名です。

――部としての課題は?

生徒B コロナの影響で新入部員が少ないことです。演劇部に限ったことではありませんが。

生徒E どの運動部よりも練習量が多いことで有名で、勉強との両立が難しく、せっかく入部してもやめてしまうひとが多いことも課題です。

生徒B 教育熱心なご家庭が多いですからね。テストの順位に対する執着が強い生徒は多いと思います。

生徒E 附設では、小テストも含めると毎週20回ぐらいのテストがあるので、両立は大変です。でもやっぱり、地区大会、県大会、九州大会と進むことで多くのひとに自分たちの芝居を見てもらえることの喜びは大きいです。

順位を付けるコンクールには出ない

舞台に立つ部活として、もう1つ、附設の名物といえるのが合唱部。19年の高等学校文化連盟(高文連)合唱部門県大会で最優秀賞を獲得。20年は全国大会(総合文化祭)に出場予定だったが、新型コロナウイルスの影響でネット上での動画発表となった。

合唱部顧問の兼行孝幸さんは、附設の演劇部出身。附設の文化祭で行われるクラス対抗の合唱コンクールで合唱の楽しさに目覚め、大学で本格的に合唱を始め、いまでもアカペラグループに所属し、活動を続けている。

「今年は全国大会で発表できましたが、大会とは別に自前で開催する年1回の定期演奏会をしっかりやろうというのがこの部の共通認識です。審査員の先生方だけではなく、音楽を楽しみに来てくださるお客様に対して丁寧に音を紡ぐことを意識します。そのなかで当然ながら舞台の世界の厳しさも感じます。そこから逃げず仲間と真剣に取り組むことで心も充実し、それが普段の生活にも生きてきます。附設は進学校ですから、音楽で食べていくということは想定していませんが、生徒たちの人生において何らかの形で音楽が助けになればいいなと思っています」(兼行さん)

定期演奏会、大会出場のほか、地域の演奏会に参加することもある。ただし、順位を付ける合唱連盟主催のコンクールにはあえて出場していない。審査員が何を評価するかではなく、自分たちがやろうとしたことが舞台でできたかどうかを大切にしたいと、兼行さんは考えているからだ。

子音の立て方ひとつで言葉の表情が変わる

部員に話を聞いた。

――合唱部に入った理由は?

生徒F 両親が歌をやっていて、小さいころから歌うのが好きでした。でも独唱しかしたことがなくて、みんなで1つの声を紡ぎ上げる合唱に挑戦してみたいと思いました。演劇部にも引かれたのですが(笑)。

生徒G もともと歌は好きでしたけど、ちゃんと練習したことはありませんでした。最初は友達に引っ張られて入ったのですが、やってみたら楽しかった。

――部の自慢は?

生徒G ふだんはかなりゆるいんです。でも歌い出すとみんなキリッとします。その切り替えができるから、短い練習時間でもなんとかやっていけているのだと思います。

生徒F 勉学との両立が必要なので、週4回、放課後に1~1.5時間という短い練習時間でやっています。

生徒G 集中力が高いよね。

ソプラノ担当の水谷帆乃佳さん(左、高2)と副部長でテノール担当の蓮尾貴志さん(高2)

――合唱の醍醐味は?

生徒F 顧問の先生が、歌の詩の意味を何度も何度も説明してくれて、歌の背景までもしっかり理解して歌うようにくどいくらいに言われます。そうするとフレーズへの愛着が湧いてきて、自然に心がこもります。歌で表現するとは、その世界観にふさわしい形で言葉を届けることです。たとえば子音の立て方ひとつで言葉の表情が変わるんです。

生徒G 僕は大会前にノドの調子を悪くして、練習を見学していたことがありました。仲間の合唱を外から聞いて、鳥肌が立ちました。たくさんの声を1つの響きにして詩の世界を豊かに表現するなんて、どんなに歌がうまくても絶対に1人ではできないことなんです。

――大会と定期演奏会ではどちらに大きな意味がありますか?

生徒F 比較できるものではないですが、私は定期演奏会を重視しています。純粋に歌を聴きに来てくれているお客さんに、自分たちの歌を真正面からぶつけて、技術だけではなくて自分たちの気持ちを届けることができるからです。高文連の大会ではどうしても技術的な点に意識が向いてしまいがちになると思うのですが、そこでもあえて定期演奏会で歌うときの気持ちで歌うようにしています。

――部としての課題は何か?

生徒G 副部長という立場から言えば、勉強との両立ができるように部活を運営しないと、結局続けられなくて退部者が出てしまうということです。勉強と部活の両立は、結構大変です。

演劇部も合唱部もとことん本物を追求している。「学校の部活だからこの程度でいいや」という妥協は感じられない。一方で、演劇部と合唱部のメンバーに話を聞く限り、「いまは部活が楽しいから勉強はいいや」という発想もない。「勉強をしっかりしたうえで、限られた時間の中で部活にも全力を注ぐ」を本気でやろうとしているのがひしひしと伝わってきた。

<<(上)共学でも「おとこくさい」 久留米大附設の自由と自治
(下)久留米大附設の「秀才」支える ゲーセンの人間教育 >>

久留米大学附設中学校・高等学校(福岡県久留米市)
創立は1950年。久留米大学商学部構内に附設高等学校ができた。中学の1学年定員は160人、高校から40人の入学枠がある。学校に男子寮が併設されているので広域から生徒が集まる。生徒の約2割は寮暮らし。2020年の東大合格者数は31人。東大・京大・国公立大学医学部合格者数の5年間(2016~20年)平均は106.8人で全国12位。同じく国公立大医学部合格者数では全国5位。卒業生にはホリエモンこと堀江貴文氏やジャーナリストの鳥越俊太郎氏、タレントで弁護士の本村健太郎氏などがいる。

新・女子校という選択 (日経プレミア)

著者 : おおたとしまさ
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 935円 (税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン