/

北海道電など電力4社、電気料金を値上げ 3カ月連続

大手電力10社と都市ガス4社は27日、原燃料価格の変動を料金に反映する制度(燃調)に基づく2021年1月分の料金を発表した。原油価格の上昇を受け、原油を多く使う北海道電力北陸電力など電力4社が3カ月連続で値上げする。一方で液化天然ガス(LNG)や石炭の価格は下がり、東京電力ホールディングス東京ガスなどは8カ月連続で値下げする。

21年1月の料金は、20年8~10月に輸入した燃料価格から算出する。大手電力10社のうち、値上げするのは北海道電、北陸電、四国電力沖縄電力の4社。平均的な使用量の家庭の場合、北海道電の1カ月の電気料金は20年12月比で46円高い7133円となる。

一方、東電の電気料金は6317円と、20年12月比で50円安くなる。東ガスのガス料金は4298円と同70円下がる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン