/

この記事は会員限定です

国産モミの木2割安 クリスマスツリー需要鈍く

米国産は供給減で値上がり

[有料会員限定]

クリスマスツリーに使う国産モミの木が前年より2割ほど安い。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、クリスマス商戦に向けた販促イベント用や店舗を飾る需要などが減ったことが響いた。一方、米国産などの輸入品は現地での供給減を背景に1~2割高となった。

11月下旬に東京・大田市場で開かれた国産クリスマスツリーの競りで約300本が取引された。

主催した花き最大手の大田花きによると、国産モミの木の平均価格は1本2957円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り390文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン