/

この記事は会員限定です

地方に広がる「健康経営」 コロナ対策で意識変化

[有料会員限定]

従業員の健康維持を支援することが企業価値を高めるという「健康経営」が地方企業にも広がってきた。「人生100年時代」に向けて国が国民の健康増進を強化するのに合わせ、地方自治体も独自の認定制度を整備。今年に入ってからは新型コロナウイルス対策の側面も加わり、地方の意識が変わりつつある。

10月20日、山梨県が創設した「やまなし健康経営優良企業認定制度」の第1回認定式が甲府市内で開かれた。従業員の健康を重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2149文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン