/

この記事は会員限定です

医療DX、コロナで進化 遠隔ICUや在宅治療アプリ

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症を契機に、オンライン診療の拡大や集中治療室(ICU)の遠隔管理など医療現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)が進展している。医療機関は患者との接触の機会を減らすとともに、限られた医療資源やスタッフを効率的に振り向けることができる。

昭和大学病院(東京・品川)ではICUを遠隔管理する「支援センター」に管理用の操作デスクが3つ置かれている。それぞれ6画面のディスプレーに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン