/

東京都、21年4月にデジタル局設置

東京都は27日、デジタル政策を担当する戦略政策情報推進本部を改組し、2021年4月に「デジタル局(仮称)」を設置すると発表した。民間と比べて遅れている行政のデジタル化を前に進めるとともに、最先端技術で地域を活性化させるけん引役として、局への格上げを目指す。

都は組織体制などの詳細を今後、詰める。21年2月に開会予定の都議会定例会に組織条例改正案を提出する方針だ。

都のデジタル政策は、元ヤフー社長の宮坂学副知事が主導し、同本部が実動部隊として動いてきた。デジタル局として体制を強化し、行政手続きのオンライン化やスマートフォンからの申請、都民の意見を踏まえたシステムの改善などに取り組む。

都庁内のデジタル化を進めるには国との連携が不可欠で、制度の見直しを求めていく。また、都内の区市町村のデジタル化を技術面から支援していくことも考えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン