/

この記事は会員限定です

豊田織機、米テスラのSUVに部品 EV向け事業に弾み

[有料会員限定]

トヨタ自動車グループの豊田自動織機が電気自動車(EV)向けに開発した冷房部品が、米テスラの多目的スポーツ車(SUV)の「モデルY」に採用されたことがサプライヤー関係者への取材で分かった。車内や機器の温度を調整する電動コンプレッサーが採用された。豊田織機はEV世界最大手テスラへの部品供給の実績をつくり、EV開発を急ぐ他メーカーへの採用につなげる。

EVは数十~数百キログラムの電池を搭載しており温度上昇が続くと性能が早く劣化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン