/

ホシザキ、韓国で製氷機回収 輸入申告で疑義

厨房機器大手のホシザキは27日、韓国で取り扱う製氷機やビールディスペンサーの一部について、韓国当局から「輸入申告を怠って販売した」と指摘されたと発表した。輸入申告で当局と見解に相違があったという。代理店から在庫を回収する。当局の調査には全面協力するとしている。

販売子会社のホシザキ韓国(ソウル市)が指摘を受けた。同社の売上高は2019年度実績で84億ウォン(約8億円)。既に販売した製品は回収の義務を負わないが、ホームページや代理店を通じて購入客に伝える。回収台数は明らかにしていない。ホシザキの連結業績への影響は精査中という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン