/

塩野義製薬のインフル薬、予防投与で承認取得

塩野義製薬は抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」で予防投与の適応追加承認を取得した

塩野義製薬は27日、抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」が日本における予防投与の適応追加承認を取得したと発表した。インフル薬にはウイルスの増殖を抑制する効果があり、体内にウイルスを保持している場合に使用すれば、発症を未然に防ぐ効果が見込める。予防投与は保険適用外で自費診療となる見通しだ。

インフルエンザの感染予防には一般的に予防ワクチンが使われる。インフル薬を使った予防は、家族や共同生活者に感染者がいて、高齢者や心臓などに基礎疾患を持つなど、重症化リスクが高い場合が利用対象となる。

日本で実施した予防投与の臨床試験(治験)では、偽薬を投与したグループに比べ、ゾフルーザを投与したグループの発症率は86%少なかった。同社は治験結果を基に2019年10月に予防の効能追加の申請を行っていた。米国では提携先であるスイスのロシュグループが既に予防投与で承認を取得している。

日本ではロシュの「タミフル」や第一三共の「イナビル」、英グラクソ・スミスクラインの「リレンザ」の3つのインフル薬で予防投与が認められている。いずれも予防投与は保険適用外で、ゾフルーザも同様に自費診療となる可能性が高い。

ゾフルーザは18年に発売したインフル薬で、他のインフル薬とは違う仕組みでウイルスの増殖を抑える。抗ウイルス効果が高く1回服用するだけで治療が済むのが特徴だ。日本と台湾では塩野義が、その他の地域ではロシュグループが販売している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン