/

大蘇ダム、対策後も漏水 農業用水「不足の懸念」

大分、熊本両県に農業用水を供給するための国営大蘇ダム(熊本県産山村)で漏水が続き、対策工事を終えて4月に供用を始めた後も大量に水漏れしていることが、管轄する九州農政局への取材で分かった。漏水は1日当たりの量でみると同局の想定の範囲内といい「現時点で影響はないが、多い状態が続けば農業用水が不足する懸念がある」と説明している。

九州農政局によると、想定する漏水量は1日当たり2千~3万トン程度。これに対し秋以降は同1万5千~2万トン程度と量が多い日が続いている。山肌から地盤にしみ込んでいるとみており、水位が下がる来春以降に詳細を調べる。決壊の恐れはないとしている。

大蘇ダムは両県の1865ヘクタールの農地に水を供給する目的で1979年度に事業に着手。2005年に貯水試験を始めた際、漏水によって必要な水量を確保できないことが判明した。国は対策の補修工事をし、計画を3回変更した。

11月25日に完成式典があったが、熊本県阿蘇市の佐藤義興市長らは事前に漏水の連絡を受け欠席。同市は「農業関係者の落胆は大きい。もろ手を挙げて完成を喜ぶ状況ではない」と理由を説明した。九州農政局は「地元に心配をかけており、丁寧な説明に努めたい」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン