/

蔦屋書店、独自商品をアプリで提供 店頭受け取りも

独自商品がアプリで購入できるようになった

蔦屋書店(東京・渋谷)は27日、アプリから同社の独自企画した商品を購入できるサービスを始めた。マスクやコーヒーミルなど多岐にわたる商品を電子商取引(EC)サイトで購入し、全国の店舗で受け取れる。独自企画の商品の販路を拡大するとともに、店舗での購買につなげる。

同社が運営する「TSUTAYAアプリ」から直接、商品を購入できるようにした。これまでは銀座 蔦屋書店(東京・中央)や二子玉川 蔦屋家電(東京・世田谷)など一部の店舗限定だった独自企画の商品をECサイトでも扱う。

購入した商品は、自宅配送に加えて店舗でも受け取りができる。全国のTSUTAYAや蔦屋書店で送料無料で受け取れる。

蔦屋書店によると、運営するECサイト利用者の約7割は店舗での受け取りを選択しているという。近所の店舗では購入できない商品をネット上で販売し、店舗へ誘導する。店頭で受け渡しした商品は店舗の売り上げになる。同社取締役の田辺雄志氏は「全国の店舗で開発した商品のハブとして機能させたい」と話す。

同社は独自企画の商品の開発を強化している。マスクやコーヒーミルのほか、CDプレーヤーや文具など幅広い種類の商品を提供している。(藤生貴子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン