/

この記事は会員限定です

日本勢、イスラエル企業に熱視線 国交正常化で加速

(更新) [有料会員限定]

イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)やバーレーンなどアラブ諸国との国交正常化が進み始めたことを受け、日本企業もイスラエルに熱い視線を注いでいる。前線に立つのは大手商社だ。

関連記事

自動運転・サイバー防衛… 三井物、新興勢に出資相次ぐ

三井物産は2018年に現地パートナーとVCのマジェンタ・ベンチャー・パートナーズを設立した。9000万ドルほどのファンドを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1943文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン