/

結局、社会主義が感染症に強かったのか

国慶節(建国記念日)に絡む大型連休中に出かける人々(北京市)=ロイター
日経ビジネス電子版

新型コロナウイルス感染拡大の状況やその対策は、国・地域ごとに大きく異なる。日経BPの4つの海外支局が、お互いに疑問や質問を投げかけてみた。今回は中国・上海支局が答える。

Q1 中国の新型コロナウイルス封じ込めのための行動指針とは。社会主義は感染症に強いといえるのか。

A マスク着用や対人距離の確保、手洗いの励行など、市民の自発的行動として求められる内容は日本と中国で大差ない。中国国内では市中感染がほぼゼロとなっている地域が多く、こうした行動が実行されていないケースも少なくない。

ただし、公共交通機関などではマスク未着用の人に対して、係員が大声で注意を促す光景はよく見られる。中国の国土は広く、都市によってもどこまで市民が順守しているかは大きく異なっている。

中国の権威主義的な体制が、新型コロナウイルスの流行を封じ込める上で有利に働いた面はある。ただし、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した際、中国は世界保健機関(WHO)から対応の遅れを批判され、コロナでも初動の情報公開の遅れが指摘された。権威主義体制では政権の思惑通りの施策が迅速に実施できるが、それと市民のメリットが一致しない場合の副作用の大きさには留意する必要がある。

市民の合意を基礎とする民主主義の政治体制を持つ国や地域では、ニュージーランドや台湾が封じ込めに成功したと評価されている。

感染症対策の成否は、科学に即した合理的な対策が講じられたかが大きな要因になる。まだ結論づけるのは早いが、今回のコロナ禍においては政治体制やイデオロギーの違いよりも、各国・地域の統治の仕組みが機能したかが結果を左右していると考える方が正しいかもしれない。

武漢ウイルス研究所説は明確に否定

Q2 中国は新型コロナウイルスの感染源について、どのように考えているのか。

A 当初、中国国内でも武漢市の生鮮市場がコロナの発生源ではないかという説が有力だった。そのため、中国政府も野生生物の食用を禁じるなどの対策を実施していた。

ただし、トランプ米大統領が中国をウイルス発生国と決めつけて非難したことに中国政府が強く反発。現在、中国政府は新型コロナウイルスの発生地は科学的調査によるべきだとして、中国が発生国であるという説を認めていない。中国科学院の武漢ウイルス研究所が起源という説については明確に否定している。

WHOは今年5月、新型コロナウイルスの発生源や感染拡大について、中国に国際的な調査チームを送ることで調整していると発表したが、現時点では実現していない。

日本は依然として「行きたい国」上位

Q3 往来が可能になったら中国人観光客はまた海外旅行に繰り出すのか。

A 中国政府によれば、今年の国慶節連休(10月1~8日)の国内旅行者は前年同期比79%の延べ6億3700万人、国内観光収入は同69.9%の4665億6000万元(約7兆4000億円)だった。コロナ対策で観光施設に入場制限をかけていたといった要因もあるが、まだ旅行需要が完全に回復したとはいえない。

ただし、日本は中国のアンケートでも「行きたい国」ランキング上位の常連であり近年、対日感情は好転している。今年は各地で日本街が建設されたり日本祭りが催されたりするなどの動きが活発だった。

中国国内でこうした「疑似インバウンド消費」が堅調であることは、コロナが収まればまた海外旅行をしたいと考えている中国人の多さを示唆している。

◇  ◇  ◇

中国で2200円のPCR検査をやってみた

新型コロナウイルスの検査を受ける人たち(10月、青島市)=ロイター

「来場日から7日間以内の陰性証明書」。毎年秋に上海市で開催される中国国際輸入博覧会の入場条件に、今年はこの文言が加わった。輸入博は世界各国の企業が中国市場に商品やサービスを売り込む、上海駐在記者としては見逃せない一大イベントだ。

だが外国人でもスムーズにPCR検査をしてもらえるのか。恐る恐る病院に問い合わせると「パスポートがあれば大丈夫」とあっさりした返事だ。事前予約の必要もないという。

金曜日の昼すぎに病院に行くと、50人近くの列ができていた。記者と同じく輸入博のために受ける人が多かったようだ。30分ほど並ぶと対話アプリ「微信(ウィーチャット)」でパスポート番号と氏名、携帯電話番号、現在の体調などの個人情報を入力するように指示された。138元(約2200円)をスマホのアプリ、微信支付(ウィーチャットペイ)で支払い受付番号をもらう。

検体採取は、防護服に身を包んだスタッフが行った。手際良く長い綿棒のような物を鼻の奥に突っ込み数秒間グリグリと回して引き抜く。次に別の綿棒で喉の奥の液体を採取する。10秒程度であっけなく終了。鼻の奥に多少違和感があったが、5分ほどで気にならなくなった。検体の入った試験管を窓口に持っていき、名前を照合したら終了だ。検査結果は翌日以降にウィーチャットで取得できると説明された。ただし外国人はシステムが対応していないと後日判明し、結局病院に取りにいく必要があった。結果は陰性で少しホッとした。

中国政府は6月、「検査したければ誰でもできる体制を整える」と発表し、検査能力を充実させてきた。地方のホテルでは他都市からの宿泊客に事前の断りなく陰性証明書を求めるケースもあり、出張前に検査を受けていく人も多い。コロナ再燃の不安を引きずっているのは中国も同じだ。気軽に受けられるPCR検査は、その不安を多少なりとも減らす役割を果たしているのかもしれない。

(日経BP上海支局長 広岡延隆)

[日経ビジネス電子版 2020年11月27日の記事を再構成]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン