/

ストラディヴァリウスが放つ本物の魅力 コロナ禍に光

『TOKYOストラディヴァリウス1800日戦記』著者に聞く

アジア初の「ストラディヴァリウスフェスティバル」を成功させた中澤創太氏

新型コロナウイルスのまん延はクラシック音楽界も直撃し、コンサートは軒並み中止や延期に。秋以降、再開の動きが活発化しているが、コロナ感染者が再び増加する中、予断を許さない。今回は、2018年にヴァイオリンの最高峰ストラディヴァリウス21挺(ちょう)を東京に集め、7日間で1万人以上を集客した「東京ストラディヴァリウスフェスティバル」を主催、その経緯を新刊『TOKYOストラディヴァリウス1800日戦記』(日経BP)にまとめた日本ヴァイオリン社長・中澤創太氏に、クラシック界の現状や課題などについて聞いた。

「無謀な若造」だから打てた、先回りの一手

『TOKYOストラディヴァリウス1800日戦記』(日経BP)

――コロナ禍の影響はいかがですか?

中澤 2018年にアジア初のストラディヴァリウスフェスティバルを実現したことで、クラシックの本場ヨーロッパから遠く離れた日本の弦楽器商社である日本ヴァイオリンの存在を、広く国内外から注目いただくことができました。これを契機に世界各地でビジネスを展開すべく、今年2月には米ニューヨークでトランクショー(展示販売会)を日本の楽器商として初めて開催し、大きな手応えを得ました。しかしその後、新型コロナの感染拡大のため、英ロンドンや韓国ソウルなどで予定していたトランクショーはすべて中止になってしまいました。

――出はなを挫かれた格好ですね………。

中澤 ヴァイオリンは現物をしっかり吟味して選んでいただく形での取引が主なので、現地に行けなくなってしまったのは想定外の逆風でした。しかし、ビジネスとしては「先手」が効いて、痛手は最小限で済んでいます。

――先手とは?

中澤 フェスティバルの後、世界各地の楽器商と提携し、代理店契約を結んだのです。

ストラディヴァリウス21挺を東京に集め、展示と演奏を楽しんでいただくフェスティバルは7年前から企画を始動しましたが、周囲は「絶対ムリだ」といさめる声ばかりでした。実際、世界各地の楽器所有者に貸し出しを依頼しても梨のつぶて。冷静に考えれば、日本の小さな楽器商の若造が、いきなり「大切な宝物を貸してくれ」と言ってきたわけですから、断るのも当然ですよね(苦笑)。

それでも粘り強く交渉を続ける中で、ストラディヴァリウスを製作した名匠アントニオ・ストラディヴァリの故郷、イタリア・クレモナにあるヴァイオリン博物館のパオロ・ボディーニ館長など有力な方々の協力を得て、21挺の名器を東京に集めることができました。

その経緯は『TOKYOストラディヴァリウス1800日戦記』にまとめましたが、7日間で1万3000人近くを集客したのは、ヴァイオリンの展覧会としてはワールドレコードとのことで、反響は大きく、状況は一変しました。「無謀な若造」のもとに、シンガポールからは「私の国でもフェスティバルをやりたいので協力してほしい」と依頼が届き、これまでアジアの楽器商とは縁のなかった世界トップクラスの演奏家たちから楽器の選定の相談が舞い込んだりといった具合です。

世界的な知名度と信用を得た中、単独で海外展開を目指す選択肢もありましたが、現地の楽器商との競合による消耗戦より、共存共栄する道を選んだわけです。その時点ではコロナの影さえありませんでしたが、この一手で「中澤セレクト」の楽器を各地の提携先に届けておいたことが功を奏し、渡航制限中も取引を進めることができました。

「絶滅危惧種」を脱するために

――中澤さんを「世界」へと駆り立てる原動力は何でしょう?

中澤 日本のクラシック界への危機感です。

演奏家や指揮者として世界で活躍する日本人は数多いし、海外の有名楽団が来日すれば高額チケットも完売、どこが危機といぶかしがる方もいるでしょう。しかし、ホールに来場する人はいつも同じと考えると、どうでしょうか。今、日本で「クラシックが好き」という人は1%以下、いわば「絶滅危惧種」なのです。

私がフェスティバルを日本で開催しようと考えたのは、クラシック音楽やヴァイオリンの素晴らしさを改めて広く知ってもらいたいと思ったからです。にわかファンも大歓迎。お子さんの来場もOK、楽器の撮影もOKなど「業界の常識」にとらわれない形を採りました。

何より重視したのは「本物」を見てもらい、聴いてもらうこと。19年にラグビーのワールドカップが日本で開催され、ラグビーと縁がなかった多くの人を惹きつけたのは、世界最高峰のプレーでした。「本物」を目の当たりにした時、人はその魅力から目を離せなくなる。つまり、本気でファンをつかむには、本物を見せなければならない。

私がヴァイオリンの最高峰とされるストラディヴァリウスにこだわり、中でも逸品をそろえ、展示のみならずライブ演奏の実現に注力したのは、まぎれもない本物を体感してもらいたい一心からでした。

フェスティバル会場にはヴァイオリン最高峰ストラディヴァリウス21挺が展示された

――そうした取り組みを通して、関心を持つ人も増えてきたであろう折、コロナ禍で軒並みコンサートが中止となったことは改めて残念でした。

中澤 しかし、こうした逆境にこそ「何か手はないか」と考えることが大切だと思うのです。私自身、フェスティバルの準備段階で、世界中からNOを突き付けられたときも「できるまでやる!」という決意を胸に突き進みましたので、諦めないことには自信があります(笑)。

例えば、ホール公演が中止される中、「オンライン公演」が数多く開催されました。これは新たなファン開拓の有力な一手になるはず。「ホールに足を運ぶのはちょっと気後れするなあ」という人も、良質なストリーミングライブを気軽に楽しむことができますから。

他方で、ライブの素晴らしさが改めて認識されることにもなりました。ホール公演の再開に向けて、運営方法などを検討する非公開コンサートに立ち会った際、やはり生の演奏はすごいなと実感しました。今後はデジタルとライブ、そのハイブリッドによって、より多くの方たちが楽しんでくれるようになればうれしいですね。

――ライブと言えば、11月にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーが行われました。

中澤 楽団員は来日前から感染防止を徹底し、「集団隔離状態」での移動など万全の対策で臨み、ファンを魅了しました。さて、これを「ここまでしなければ実現できない」と考えるか、「対策をしっかりすれば実現できる」と考えるか。私はもちろん、後者です。

前向きな試行錯誤こそ、危機突破への糧

――「次のチャレンジ」の計画は?

中澤 ストラディヴァリウスとは別のテーマで、再びヴァイオリンの世界的フェスティバルを開催します。

前回のフェスティバルでは、来場者がどのくらい集まるか予想がつきませんでした。私は「大にぎわいになる!」と言い続けましたが、正直、不安もありました(苦笑)。しかし、ふたを開けたら連日の大盛況、大きな自信になりました。ただし、ウィズコロナの環境では「密」は避けねばなりません。

では、コロナ以前のことはもう参考にならないかと言えば、そうではありません。次のフェスティバルでは、コロナ禍中の美術展などで採用された事前予約制を採りたいと考えています。大盛況の実績があるからこそ、それを前提にしつつ、コロナ禍での試行錯誤から見出した対応策の中からベストな方法を選ぶことができます。

――コロナの感染拡大が始まった当初、「不要不急」というフレーズが盛んに使われ、芸術・文化の分野はその矢面に立たされた感がありました。

中澤 不測の緊急事態に際して、国家的支援は大変重要で不可欠なものだと思います。ただし、医療はもちろん、製造、物流、小売り、飲食等々、あらゆる分野の人たちの働きが私たちの生活を支えていて、それぞれに支援を必要とする中、芸術だけが特別と甘えてはいられません。

日本ヴァイオリンでは、フェスティバル以前から取り組んでいる「若手演奏家への楽器の無償貸与」プロジェクトへの協力をコロナ以降も継続しています。これはカレーのココイチで知られる壱番屋の創業者・宗次徳二さんの取り組みにご一緒させていただいているもので、貸与する演奏家の選定や楽器の管理などに協力しています。

高級弦楽器市場について言えば、コロナ禍でも多くの取引が行われています。特に、現存するのは600挺のみ、300年にわたって価値を減じることなく今も高騰を続けるストラディヴァリウスは「超安定資産」として改めて注目を集めています。もちろん、楽器商として高額の取引はうれしいことですが、半面、ただ高額な資産として扱われ、倉庫に厳重に仕舞われてしまうのは残念でなりません。

私どもでは売買にとどまらず、購入者と演奏家の間をつないで貸与のお手伝いをし、多くの皆さんが素晴らしい音色を楽しめる機会を増やす取り組みに力を入れています。

18年のフェスティバル成功の後、満足感に浸って無為に時を過ごしていたら……と思うと、冷や汗が出ます。もちろん、今回のコロナ禍が最後の危機ではないはず。未知のウイルスや天災等々、「芸術・文化などは後回し」とされる恐れは消えません。そんな中、一人でできることは小さいかもしれない。でも、自分にできることは何かと常に考え続けることは、決してムダではないと信じています。

(聞き手は日経BPコンシューマーメディア局 坂巻正伸)

中澤創太
日本ヴァイオリン 代表取締役社長。
1985年東京生まれ。父はヴァイオリン修復家、母はヴァイオリニストという音楽家系に生まれ、幼少より国際的に活躍する音楽家と触れ合いながら育つ。15歳で渡英。インターナショナルスクールに通いながら、オークション大手サザビーズや、世界的な鑑定家ピーター・ビドルフ氏のもとに出入りし、十代から数多くの名器に触れる。上智大学外国語学部を卒業後、電通へ入社。営業を経て、メディアプランナーとして数々の音楽・文化プロジェクトに関わる。2014年、日本ヴァイオリン社長に就任。ディーリングも含め、今まで手にしたストラディヴァリウスは70挺を超える。18年、21挺のストラディヴァリウスがアジア史上初めて集結する「東京ストラディヴァリウス フェスティバル2018」の実行委員長及び代表キュレーターを務めた。

TOKYOストラディヴァリウス1800日戦記

著者 : 中澤 創太
出版 : 日経BP
価格 : 1,870 円(税込み)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン