/

この記事は会員限定です

ブランド余剰在庫に商機、底値仕入れのOPS 名古屋中心部に

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍でアパレルメーカーが苦境に立つなか、過剰在庫をさばく非メーカー系の安売り店舗(オフプライスストア=OPS)が活況だ。ネット通販とは異なり、実店舗で掘り出し物を探す楽しみが消費者に受けている。従来は郊外中心の展開だったが、このほどゲオホールディングス(HD)系が名古屋市の百貨店に出店。テナントとしても存在感が高まっている。

ゲオHD傘下のゲオクリア(名古屋市)が20日、名古屋駅前の名鉄百貨店内にOP...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン