/

中国外相「戦略協力強化」 韓国国会議長と会談

【ソウル=共同】訪韓している中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相が27日午前、ソウルで韓国国会の朴炳錫(パク・ビョンソク)議長と会談し「今回の訪韓は、新型コロナウイルス収束後の中韓間の戦略的協力を強化するためだ」と述べた。米中対立が深まる中、韓国を引き寄せる狙いもありそうだ。

朴氏は、北朝鮮を対話の場に引き出すよう中国の協力を要請。王氏は「(朝鮮半島の)重要な隣人として引き続き建設的な役割を果たしていく」と応じた。両氏は北東アジアでの保健分野での連携強化でも一致した。

朴氏は中国通で知られ、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後の2017年5月、北京で開催された巨大経済圏構想「一帯一路」の国際会議に韓国政府代表として出席、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とも面談している。

王氏は26日夜、文政権の与党「共に民主党」の李海●(たまへんに贊)前代表らと会食。聯合ニュースは出席者の話として、王氏が「文大統領の南北対話の努力を支持する」と述べたと伝えた。また、朝鮮半島の完全非核化を確認した2018年6月の米朝首脳会談での合意に関し「履行されなければならず、方向が変わってはならない」と強調したという。

王氏は24~25日に訪日して菅義偉首相らと会談した後に訪韓し、26日文大統領と会談した。27日午後に帰国予定。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン