/

尖閣領有権問題「存在せず」 茂木氏、中国外相に伝達

国会で追加説明

(更新)
参院本会議で答弁に臨む茂木外相(27日)

茂木敏充外相は27日、24日の中国の王毅(ワン・イー)外相との会談で沖縄県尖閣諸島は「歴史的にも国際法上も疑いのないわが国固有の領土で、有効に支配している」と伝えたと明らかにした。「解決すべき領有権の問題はそもそも存在しない」とも主張した。

参院本会議で自民党の山田宏参院議員の質問に答えた。

茂木氏は中国公船による領海侵入、接続水域内の航行、漁船への接近などの事例を挙げて「強い懸念」を伝達したと明言した。24日の会談後の共同記者発表で「前向きな行動を強く求めた」と述べるにとどめていた。

王氏は茂木氏の発言の直後に中国の領有権を主張し「日本の漁船が絶えず釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の敏感な水域に入っている」と語っていた。

茂木氏は参院本会議で共同記者発表の後にも日本の立場を改めて申し入れたと話した。王氏の一連の発言は「中国側独自の立場に基づくものであり、全く受け入れられない」と強調した。

自民党内やSNS(交流サイト)上で「その場で反論すべきだった」との意見が相次いでいたのを踏まえ、国会で追加説明した。

茂木氏は27日の記者会見で「共同記者発表は会談の概要について主催国と相手国という順番で1度ずつ発言するルールだ」と指摘した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン