/

シリアで空爆、19人死亡 イスラエル実施か

【カイロ=共同】シリア人権監視団(英国)は26日、シリア東部デリゾール近郊で同日未明、アサド政権を支援する親イラン民兵組織を標的とした空爆があり、19人が死亡したと伝えた。イスラエルによる空爆の可能性がある。死者のうち2人は民兵組織の幹部だったという。

シリアではイランの民兵を標的としたイスラエルによるとされる空爆がたびたび行われている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン